FC2ブログ

    web拍手
    2008/11/26 23:36:29 (水)
    ■マスター・コバ直伝!選曲のツボ 11/23 #234:風になれ(河島英五)  K-mix 78.4MHz > ヒトまる!興味津々
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2012/04/30(月) 00:12 | | #[ 編集]
    ありがとうございます。
    2008/12/03(水) 01:23 | URL | 佳世 #-[ 編集]
    さっそく、コミュニティのほう拝見させて頂きました。英五さんを愛する人たちで賑わい発展することを願っております。「河島英五解体心書」の【BBS】のほうで、メンバー募集の案内をして頂いても構いませんのでその節は御利用下さい。屈託なく英五さんのことを話せて英五さんを愛せるお友だちを見つけることは、さらに英五さんが身近に感じれることになるように思えます。
    2008/12/02(火) 22:56 | URL | 管理人 #TkjQbHGA[ 編集]
    このブログは人ぞ知るものだそうでね。別のブログで「河島英五を愛する会」を立ち上げてしまい、(穴があったら入りたい心境)まだ参加者が3人なんですが、一人の方がやっぱりここでコメントしていただいたといってました。私達のバイブルです。
    2008/12/02(火) 07:09 | URL | 佳世 #-[ 編集]
    英五さんのことをもっと知りたい感じたい触れていたいという気持ちは止むことはありません。この先ずっと英五さんを追いかけても、見えるのはノシノシと大股で歩く大きな背中の後姿だけで見失わないようにするのが精一杯なんでしょうけどね。ある日ある時英五さんに”出逢ってしまった”わけですが、とてもラッキーなことだったと思っています。
    英五さんのエピソードや作品など、まだまだ知らないことが多いかと思いますが、もっともっと英五さんと知り合えることが出来れば良いですね。「河島英五解体心書」もそのお役に立てれば幸いです。
    2008/12/02(火) 03:35 | URL | 管理人 #TkjQbHGA[ 編集]
    私が英五さんの魅力にとりつかれたのは、まだ数か月なのです。何かのきっかけで「時代おくれ」を聴いて、琴線が震えました。こんなにわかファンですが、CDやDVDを購入して調べていくうちに、熱狂的ファンの方々がブログで英五さんの思いを綴られているのを見つけました。英五さんのことが網羅されている、この解体新書を見つけたときは、もう驚きでした。唄を聴いては、言葉にならない気持ちが溢れてきます。
    また、お邪魔します。ありがとうございます。
    2008/12/01(月) 16:16 | URL | 佳世 #-[ 編集]
    70年後半から80年前半の計14回くらいで間違いないと思います。わかりやすく書けば、生のホモサピと「時代おくれ」は未体験で、かれこれ25年くらい生の英五さんとご無沙汰してます。最後にお会いしてから年数を経ているのとムダに年齢を重ねてしまったせいで、ライブの記憶がどんどん薄れていくのが仕方無いとはいえ唇を噛んでしまいます。私なんか少ない方で、50回、100回と足を運ばれたファンの方たちも沢山居らっしゃるはずです。英五さんの魅力は幾つもあるのですけど、そのうちの1つは”生(ライブ)”です。ですから、何度も何度もライブに行かれた人もライブに一度も行かれたことの無い人も、現状の悔しさは同じなのかもしれませんね。
    2008/12/01(月) 03:13 | URL | 管理人 #TkjQbHGA[ 編集]
    管理人さんは、何度か英五さんのコンサートに行かれたことがあるんですか?
    2008/11/30(日) 20:12 | URL | ○○○ #-[ 編集]
    79年の日比谷野音も激しい雨だったという噂を聞いてますが、伝説の”晴れ男”も若い頃は雨もしたたるイイ男だったのですね。「約束」のおみくじの”吉”と”凶”の歌詞や幾つかの作品で唄われてる”分かち合う”という気持ち。お客さんとの間でもけしてブレないのが英五さんだったように思います。
    2008/11/29(土) 04:04 | URL | 管理人 #TkjQbHGA[ 編集]
    やっぱり、英五さんだと思いました。寒い小雨降る中、ダウンジャケットをぬいで、半袖で歌う英五さん。人間の懐の大きな人だったんですね。
    2008/11/27(木) 20:47 | URL | 佳世 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://8153.blog47.fc2.com/tb.php/174-6c8d2393
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック